マツダの中古車はユーカーランドです
  HOME 関西マツダホームページへ  










車両品質評価書の見方

 

NAK(日本オートオークション協議会)のガイドラインを取り入れたAIS検査基準に基づき、車両検査専門会社AIS(オートモビル・インスペクション・システム)による検査で、S点からR点までの10段階で表示します。
年式、走行距離などの車両基本情報に内外装の総合的な評価が評価点となります。



評 価



評価の目安


S 点
 12ヶ月未満、1万km未満。新車をご検討中の方にもお勧めです。
6 点
 36ヶ月未満、3万km未満。中古車で程度重視の方にもお勧めです。
5 点
 走行距離5万km未満で内外装がとてもきれいな状態です。
4.5 点
 中古車としては、内外装ともきれいな状態です。
4 点
 多少のキズ、ヘコミなどはありますが、全体的には良好です。
3.5 点
 多少のキズ、ヘコミなら気にならない方にお勧めです。
3 点
 走行に支障の無い、キズ、ヘコミが多数あります。
2 点
 走行に支障の無い、大きなキズ、ヘコミが多数あります。
1 点
 冠水車などの特別瑕疵車両が該当します。
R 点
 走行に支障がない修復歴車です。






表示内容



内装状態の目安


 無キズもしくは、ほぼダメージの無い状態です。
 目立たないダメージがありますが、良好な状態です。
 多少のコゲ、スレ、キズなら気にならないという方にお勧めです。
 多少の加修を必要とする可能性があります。
 部品交換を必要とする可能性があります。






表示内容



外装状態の目安


 目立つキズ、ヘコミがなく、ほぼダメージの無い状態です。
 キズ、ヘコミなどが少なく、良好な状態です。
 多少のキズ、ヘコミなどがありますが、中古車としては標準です。
 目立つキズ、ヘコミなどがあります。
 全体にキズ、ヘコミなどがあります。










AISとは




プロの4つのチェック

AISの中古車検査では内外装や修復歴、機関・機構系の検査を行っています。(※機関・機構系は目視上の確認です。
エンジン内部や機関系においては販売店様の申告を元に検査を行っています。)

     

 ◆ 修復歴のチェック
 
 ◆ 機関機構、下回りのチェック

 車の価値に大きな影響を及ぼす修復歴。
 外板部位の状態(交換歴や板金跡)から論理的に
 骨格部位の損傷を摘出します。
 
 エンジンオイルの「漏れ」やドライブシャフトブーツの
 「切れ」などをチェック。同時に車体下部の「擦り傷」や
 「凹み」、「錆」もチェックします

 ◆ 外装のチェック
 
 ◆ 内装のチェック

 一見してわかる「傷」「へこみ」から、
 殆ど気にならないような「小さな傷」「小さなへこみ」まで
 丹念にチェックしています。また、修復歴発見への
 足がかりとなる板金塗装跡も見逃しません。
 
 常にドライバーが触れるハンドルやシートの「すれ」
 「焦げ」等は勿論、「汚れ」や「臭い」に至るまで
 チェックを行います。
 また、装備類の作動チェックも怠りません。



 中古車品質の第三者評価



車両を評価するにあたり、外装や内装はもちろん、機関・機構系や骨格にまで至り最大324項目を検査し、AIS評価基準に基づき車両品質を評価点によって表します。また、評価を分かりやすくするためにユーザー向けと中古車事業者向けに表示方法を分け、それぞれ10段階評価で表しています。
 

 評価基準の統一


安心・信頼のできる中古車流通の為、評価基準を統一することで信頼性の向上に努めています。
 

 PBCシステム


検査の厳正かつ公平を期すためにペンベースコンピュータによる車両検査を実施しています。
過去の検査履歴の参照はもとより、モニターに表示された展開図に車両状態を入力することで
評価点を算出しています。 このシステムの開発によりデータ化が実現でき、さらにサービスの幅が広がっています。